読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

monomiyu3の日記

旅に出て名所めぐりをして、その土地のお酒や食べ物を頂き、温泉につかり、と「物見遊山」の日記です! 備忘録として書きますので随分昔の思い出旅行もあります。

塩原温泉めぐり 元泉館

 

硫黄泉で緑白色。メタケイ酸は100mg以上。硫黄泉なのに中性です。飲泉もできます。元湯。

元湯温泉は、今から1100年前に如葛仙という人が発見したと言われています。塩原温泉郷発祥の地であることから元湯と名がついたそうです。

ただWikipediaによれば以下のような説明がありました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「元湯」の名前が示すように、塩原温泉郷の中では最も歴史が古い[1]

大同元年(806年)に如葛仙なる人物が温泉を発見したことにより始まったとする説、また発見者を猟師とする説がある。如葛仙の正体は明らかでなく、民話の伝承者によると天平9年(737年)に没したとされ、矛盾が生じる。このため地元の郷土史研究会では、矢板市長井にある寺山観音寺を806年に開山した徳一大師が発見者ではないかと推測している[2]

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

こんな元湯温泉。

当時は85件の家があり、栄えていたが1659年の大地震でほとんどが全滅したという残念な歴史があります。
つぶれ残った家々は新湯、上塩原、下塩原へ移り元湯は無住の地となったそうです。
今は3件だけだそうです。

さて、元泉館。

本当に柔らかでやさしいほっこりの温泉です。

水曜日に行ったので他のお客さんがいなくてとても静かでした。

f:id:monomiyu3:20160814104800j:plain

f:id:monomiyu3:20160814103848j:plain

 

f:id:monomiyu3:20160814104043j:plain

渡り廊下が時代を感じさせますね🎶

f:id:monomiyu3:20160814104343j:plain

脱衣場からも綺麗な景色が見えます。脱衣所の中にトイレもあります。

f:id:monomiyu3:20160814104447j:plain

温泉の色は確かに緑白色でした。すべすべになります。

f:id:monomiyu3:20160814104608j:plain

f:id:monomiyu3:20160814104655j:plain

露天が楽しくていつまでも入ってられそうです。