読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

monomiyu3の日記

旅に出て名所めぐりをして、その土地のお酒や食べ物を頂き、温泉につかり、と「物見遊山」の日記です! 備忘録として書きますので随分昔の思い出旅行もあります。

震災遺構 たろう観光ホテル

f:id:monomiyu3:20170520153146j:plain

たろう観光ホテルです。

たろう観光ホテル - Wikipedia

岩手県宮古市 たろう観光ホテル

たろう観光ホテルも気仙沼の向洋高校と同じく震災遺構です。

===============

東日本大震災により6階建ての建物の4階まで浸水し、1・2階は完全に破壊されてしまった「たろう観光ホテル」。その姿から大津波の破壊力を感じることができます。このたろう観光ホテルは津波遺構として保存され、防災意識の向上のために活動している「学ぶ防災」ガイドにも活用されています。
学ぶ防災では、津波が襲来する様子をホテル6階から撮影した映像の上映が行われています。

(上記サイトより)

=================

周りは多分あったであろうと思われる建物がみんな撤去されてダダ広い中、このホテルが建っています。

遠くから見ると普通のホテルです。

気がつかずに車で通り過ごしてしまいそうです。

が、

道端に立っているそのホテルの前に行くと、一階と二階がスカスカで、向こう側が見えるその姿に唖然とします。

今、あのホテルを思い出しながらタイプを打っているのですが、涙がちょっとうるうるします。

悲しかったです、あの前に立った時は。

ホテルに泊まった旅人のいろんな楽しい思いを残して、震災遺構として立っているホテル。一生懸命、後の人たちに震災の怖さや凄まじさを残そうとするその姿の健気さに涙がウルウル。

頑張れよ、と思わず声をかけます。

下の写真は、震災で基準点(だったと思います)がこれだけ動いたよということを示しているものですが、始点が丸でそれが矢印の位置に動いたのだそうです。

すごい力だったのですねぇ。。。

うううむ。

今更ながら自然の脅威を感じます。

私たち人間は自然の前に無力であることを思い、だからこそ自然との共存を謙虚に考えていかなければならないのですね。

 

f:id:monomiyu3:20170520153159j:plain