読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

monomiyu3の日記

旅に出て名所めぐりをして、その土地のお酒や食べ物を頂き、温泉につかり、と「物見遊山」の日記です! 備忘録として書きますので随分昔の思い出旅行もあります。

韓国旅行 ナムサンゴル韓屋マウル

2日目はナムサンゴル韓屋マウルに行ってきました。

韓国旅行、韓国ツアー | 韓国観光公社公式サイト :韓国観光公社公式サイト

上のサイトが詳しく説明してありますので、お時間がありましたらごらんください。

===============

概要
1998年4月18日に開館した「南山コル韓屋村(ナムサンゴルハノクマウル)」は、総面積79,934平方メートル(24,180坪)の敷地内に、伝統 韓屋5棟、伝統工芸展示館、泉雨閣、伝統庭園、タイムカプセル広場などがあります。1994年にソウル定都600周年記念事業の一環として作られたタイム カプセル広場と南山コルの趣を考慮して作られた伝統庭園、またソウルのあちこちに散っていた伝統家屋5棟を移転、復元した韓屋村から成っており、これは南 山コルの本来の姿を蘇らせる事業の一環として作られたものです。
南山コル韓屋村の一番奥に位置するタイムカプセル広場には、ソウル市民の生活の様 子を垣間見ることができる600個の品々がタイムカプセルに入れられて、地下15mに埋められています。このタイムカプセルは400年後の2394年に開 けらる予定です。タイムカプセル広場に沿って下りてきた所に広がる伝統庭園は、南山の地形を活かし緩やかな丘陵地と渓谷を作り、松などが植えられ、楼閣と 遠くに広がるソウル市内の景色を通してソウルの過去と現在の姿を感じることができます。
韓屋村にある韓屋は、民俗資料として指定されたソウル市内 にある23の伝統家屋のうち、アレンジなどが加えられていない純粋な韓屋から、鍾路区三清洞の「五衛将・金春栄の旧屋」、鍾路区寛勲洞の「駙馬都尉・朴泳 孝旧屋」、鍾路区玉仁洞の「純貞孝皇后尹氏の実家」、東大門区祭基洞の「海豊府院君・尹澤栄の斎室」、中区三角洞の「都辺首・李承業の旧屋」の5棟の韓屋 を移転、復元したものです。これらのうち、建物の移転が困難なほど老朽化が進んでいた純貞孝皇后尹氏の実家のみ新しい資材を使用して復元をし、他の4棟は 全て建物をひとつずつ分解して移転。また再利用が不可能な木材は雪嶽山の松の木で代替しました。

(上記サイトより)

===================

私たちもとにかく寒くてどこに行こうか迷っていたのと、月曜日はいろんな観光地が休みということで、ガイドブックをみて、立ち寄ることにしました。

無料というところがいい。

無料だからあんまり期待せずに入ったのですが、

なかなか広くて美しく手入れされていて、

たくさんの家屋が復元されていて、見どころいっぱいでした。

f:id:monomiyu3:20160303154034j:plain

 

伝統家屋がしっかり復元!

f:id:monomiyu3:20160303154432j:plain

オンドルです。

雰囲気がある拡張高い家。

 

f:id:monomiyu3:20160303155542j:plain

甕が美しい。

f:id:monomiyu3:20160303154944j:plain

ここでも韓国の子どもたちが民族衣装をきて、春休みを楽しんでいました。

若いっていいですね。

たくさんの観光客らポーズを要求されて、2人は快く応じていました。

可愛いですね!

f:id:monomiyu3:20160303160131j:plain