読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

monomiyu3の日記

旅に出て名所めぐりをして、その土地のお酒や食べ物を頂き、温泉につかり、と「物見遊山」の日記です! 備忘録として書きますので随分昔の思い出旅行もあります。

韓国旅行 景福宮

景福宮に行ってきました。

============

景福宮 - Wikipediaより

李成桂により1395年に現在の大韓民国ソウル特別市鍾路区世宗路1-56に置かれた朝鮮王朝の王宮。近代では、大日本帝国に併合された後に朝鮮総督府の庁舎が置かれた。韓国建国後は、敷地の一部に大統領官邸(青瓦台)が置かれている。現在は景福宮の中心部に1867年に興宣大院君によって再建された勤政門や勤政殿などが現存し、建物の復元が進行中。

===============

私たちが行った、28日はソウルでは珍しい雪。

一年に2〜3回くらいしか降らない雪が降りました。

観光客には辛いが地元の子どもたちはきっと大喜びだったでしょうね。。。

地下鉄を出るともう雪空。

寒そう〜〜〜

f:id:monomiyu3:20160302140936j:plain

歩いているとだんだんと音楽が大きく聞こえてきました。

時計をみたら、2時過ぎ。

そうか、衛兵の交代式をしている最中でした。

私たちも大急ぎで行ったのですが、残念。

間に合いませんでした。

仕方がないので日本語で案内してくれるツアーが2時半と、いうことで待っていたら、

なんと私たち2人だけでした。

雪の中、とても丁寧に説明してくださり、よくわかりました。

f:id:monomiyu3:20160302141516j:plain

 

f:id:monomiyu3:20160302142028j:plain

勤政殿の中、王座です。

後ろは5つの山が描かれていて、これは朝鮮半島を意味し、

太陽と月の陰陽。また松、滝、波が描かれています。

f:id:monomiyu3:20160302141700j:plain

ところどころに石の像があり、12支の動物や架空の動物の像もあります。

今年は申年で、この像が人気とか。。。

f:id:monomiyu3:20160302142706j:plain

雪がどんどん、どんどん降ってきます。。。

上の写真は慶会桜という言って見れば宴会場です。迫力ある仕上げになりましたね。

国賓などがみえたとき、ここで宴会をします。

柱は48本あって、24本が外側で四角。これは地を表します。

内側は丸い柱でこれは天を表すそうです。

f:id:monomiyu3:20160302142851j:plain

f:id:monomiyu3:20160302143019j:plain

雪の中、子どもたちは元気です。

韓国は春休み中だそうです。

いま、子どもたちの間ではチマチョゴリが大人気だそうで、確かに多くの子どもたちが着ていました。可愛かったです。

 

f:id:monomiyu3:20160302171001j:plain

ここは香遠亭と言います。

景福宮|市庁・光化門(ソウル)の観光スポット|韓国旅行「コネスト」のサイトをここに参考として載せておきます。

このサイトの写真は青々と緑がしげった写真。

いかに私たち行った時が雪が凄かったかと改めて感じています。

本当に寒かった!!!

宝物第1761号
宝物第1761号
王と臣下が親睦を深めるための亭子(チョンジャ、東屋のこと)で、自然を愛でながら詩を歌った浪漫の場所です。香りが遠くから漂ってくるようと名づけられた通り、香遠池(ヒャンウォンジ)の上に架けられた小さな橋を通して、往時の風雅が伝わってくるようです。(上記サイトより引用です)