monomiyu3の日記

旅に出て名所めぐりをして、その土地のお酒や食べ物を頂き、温泉につかり、と「物見遊山」の日記です! 備忘録として書きますので随分昔の思い出旅行もあります。

那須塩原温泉めぐり 梅川荘

眼下に広がる山麓の眺望は塩原随一。
湯けむりと、味のあるおもてなし。
故郷のわが家に帰ってきたような気分で、ごゆっくりお寛ぎください。
見晴らしの良い内風呂と開放感あふれる展望露天風呂、どちらも湯量あふれる天然温泉を利用しています。

(公式ページより)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

公式ページも紹介されているように本当に眺望は抜群でした。

塩化物泉、透明。メタケイ酸100mg以上。弱アルカリ性。中塩原。

朝から台風の影響で雨。時々激しく降ります。

今日は温泉めぐりは無理か、、、と思ったのですが、お昼を食べた頃に太陽が顔出して暖かくなりました。

さぁ、これは今のうちに行こう、と夫とイソイソと温泉めぐりの準備をして出発。

中塩原はちょっと離れたところにあるので、車でしばらく走ります。

まだ小雨のなか、梅川荘はまわりのけぶる山にぴったしと納まって立っていました。

f:id:monomiyu3:20160820155252j:plain

フロントにはまだ泊まりの客はいなくて私たちだけが受付をして、お風呂の場所を教えてもらいましたが、フロントの管理人さん(宿のご主人)はとても優しい方で、丁寧に対応してくださいました。

館内は広くて清潔。

f:id:monomiyu3:20160820155546j:plain

おやすみどころがあって、ここで風呂上がりのほてりをとって、体をほぐすのでしょうね。

f:id:monomiyu3:20160820160309j:plain

さて、エレベーターで地下に下りると温泉があります。エレベーターのボタンの上にお猿さんの折り紙がありました。今年の干支でしょう。。。来年は酉になるのでしょうか?

f:id:monomiyu3:20160820155923j:plain

エレベーターの中には「梅川倶楽部」の案内チラシが貼ってありました。リピーターが多いそうです。

f:id:monomiyu3:20160820155732j:plain

エレベーターを下りると、すぐに冷水がおいてありました。

f:id:monomiyu3:20160820160444j:plain

心づかいが嬉しいです?

壁にもいろんな手作りグッズが飾ってあります。

f:id:monomiyu3:20160820160623j:plain

f:id:monomiyu3:20160820160659j:plain

温泉は突き当たりにあります。

f:id:monomiyu3:20160820160752j:plain

男性が益荒男、女性が手弱女っていう暖簾が面白い。

f:id:monomiyu3:20160820160925j:plain

f:id:monomiyu3:20160820161011j:plain

脱衣所の中にトイレがあるので安心。

アミュニティは充実。

清潔な脱衣所です。

内湯はカランは7〜8個。

子ども用の椅子や座高の高い椅子などが用意されています。

f:id:monomiyu3:20160820161235j:plain

f:id:monomiyu3:20160820161334j:plain

内湯からの展望も素敵。

窓が大きくとってあるので空間が広くて、開放的。

お湯は温かめで、透明なので気持ちもさっぱりします。

露天は岩組でできていてなかなか風流。

足に石のゴツゴツ感が心地よく伝わり、露天の野趣を感じます。

お風呂の入り口にも岩が安全な形で敷いてあるので、お年寄り、子ども、足の弱い方にも安心。

 

f:id:monomiyu3:20160820161559j:plain

f:id:monomiyu3:20160820161650j:plain

f:id:monomiyu3:20160820161732j:plain

露天からみる眺望は素敵でした。

雨はあがったのです、けぶる山々が風流。

秋は綺麗だろうな、、、と思いながらお湯に入っていました。

露天もお湯の温度は熱めでした。

ゆっくり、じっくりという入り方より、短く何回かに分けて入った方がいいかなぁ。。。

芯からあったまったあとは、

お水を飲んでおやすみどころでちょっと休んで、

夫と幸せな気分で帰りました。

帰ってしばらくしたら、また雨が降ってきました。

思い立った時に行ってよかった。

ゆったり、ノビノビできて、ほんの束の間の温泉めぐりですが、心は贅沢になりました。