読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

monomiyu3の日記

旅に出て名所めぐりをして、その土地のお酒や食べ物を頂き、温泉につかり、と「物見遊山」の日記です! 備忘録として書きますので随分昔の思い出旅行もあります。

那須塩原温泉めぐり 大出館

今回は秘湯の宿、大出館です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

当館の八つの浴槽には、それぞれに効能を異にする湯が溢れています。
特に、墨を流したように真っ黒の「墨の湯」は、
日本唯一、他に例を見ない名湯として珍重されています。
しかし、湯の違いをもって「五色の湯」と呼称されてきたのではありません。
天候によって、温泉の色が変る自然の不思議。
一説には気圧の変化が湯脈の深さを変えるためとか…。
色の変化で翌日の天気がわかると言われています。
全浴槽100%源泉かけ流し天然温泉が楽しめます。

日本にたった1つしかないこちらのお風呂は、鉄分をたっぷり含んだお風呂です。
普通、鉄分のお風呂と言いますと、赤茶の色をしたものがほとんどですが、黒いというのは他にないと言われています。
効能としては、リュウマチ、糖尿病、関節痛、神経痛などです。また貧血ぎみの女性には飲んでいただくと非常に良いと思います。
少しお湯に浸かりますと、黒い湯花が体に付着します。これを楽しみにされてる方も多いようです。真っ黒に染まったタオルを旅の思い出にお持ち帰り下さい。
このお温泉風呂は、お越しくださったお客様皆さんに是非入浴していただければと思います。

(公式ページより)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

いや、、、本当に面白い温泉でした。

硫黄泉、黒色。メタケイ酸100mg以上。中性。飲泉可能。元湯。

有名な温泉です。

私たちも行く前にたまたまラジオを聞いたのですが、

行ってみたらラジオで想像した以上の面白さでした🎶

まず行くまでが大変。

えええ、、、本当にこんなところに温泉があるの?というくらい山深く入っていきます。

まさに秘湯。

坂の下に建物を見つけた時は嬉しくなりました、あった!!!

f:id:monomiyu3:20160818092449j:plain

f:id:monomiyu3:20160818092531j:plain

秘湯を守る会の提灯がしっかり存在感を出しています。

フロントに入るともうお客さんがいっぱい。 

f:id:monomiyu3:20160818092624j:plain

 

お土産も💖

 

お風呂はエレベータをおりて1階です。(フロント、玄関は3階)

トイレは脱衣所にはないので、エレベータ横で済ませておきます。f:id:monomiyu3:20160818092713j:plain

墨の湯は2時からが女性が入れるので残念ながら私は入れませんでしたが、夫が写真を撮ってくれましたのでアップします。

ここは「写真をとるときは入っている客に声をかけてください」と書いてある親切な温泉だったそうです。有名だから写真をとる方が多いのでしょうね。

f:id:monomiyu3:20160818092815j:plain

f:id:monomiyu3:20160818092900j:plain

 

f:id:monomiyu3:20160818093026j:plain

黒かったそうです。。。

次は女性が入れる2時を目指そう!!!

f:id:monomiyu3:20160818093251j:plain

露天は淡い緑色でした。

この時期は虻が多いとかでハエたたきが温泉の脇に置いてあります。

温度は高め。

硫黄泉らしくてぬるぬる。でも匂いはそんなにきつくありません。

f:id:monomiyu3:20160818093346j:plain

 

カランは真っ黒。

迫力があります。

f:id:monomiyu3:20160818092940j:plain

内湯はかなり熱くて水でうめました。

でも気持ちいい温泉。

 

あがってフロントで見つけた写真。

若女将の紹介の記事です↓

応援したいです!!!

 

 

f:id:monomiyu3:20160818093719j:plain

 

この温泉はいつまでも暖かくてホワホワしていて、

体の芯からあったまったんだと実感しました。

楽しい温泉。

またいきたいです。