monomiyu3の日記

旅に出て名所めぐりをして、その土地のお酒や食べ物を頂き、温泉につかり、と「物見遊山」の日記です! 備忘録として書きますので随分昔の思い出旅行もあります。

塩原温泉めぐり 湯荘白樺

塩原温泉は栃木県北部の古くから塩原十一湯と呼ばれ、1000年以上の歴史を持つ古い温泉郷でいまで多くの温泉好きが訪れます。

東から西へ、大網(おおあみ)・福渡(ふくわた)・塩釜(しおがま)・塩の湯(しおのゆ)・畑下(はたおり)・門前(もんぜん)・ 古町(ふるまち)・中塩原(なかしおばら)・上塩原(かみしおばら)・新湯(あらゆ)・元湯(もとゆ)という湯本が点在し、 約150の源泉から湯が湧き出してて、
ひとつのエリアに、多様な泉質や成分の温泉が湧いているのは全国的にも珍しい温泉郷です。

塩原温泉郷公式ページ(塩原温泉旅館組合/塩原温泉観光協会)・栃木県・那須塩原市

公式ページに詳しく各温泉について書いてありますので参考にしてください。

夫と私は温泉好きなので、早速塩原温泉に挑戦することにしました。

観光協会が発行している「湯めぐり手形」というのがあって、登録している21の温泉に日帰りで入浴でき、しかも半額(1つだけは無料、一年有効)という嬉しい企画です?

http://www.siobara.or.jp/pic4/yum-image-pic.jpg

 

私たちはまず湯荘白樺に挑戦!

奥塩原温泉 湯荘白樺(奥塩原新湯温泉旅館)│栃木県塩原温泉郷

人気の温泉です。

======

「湯荘」と名の付くとおり、乳白色の天然硫黄泉が自慢の宿です。
当館は塩原温泉郷の一つ標高970mにある新湯(あらゆ)温泉にございます。 お風呂は天然の硫黄泉をそのまま掛け流しで注入

http://www.mmjp.or.jp/sirakaba/onsen_proof.html

(公式ページより)

========

温泉の成分や効能は公式ホームページに詳しく書いてあります。

硫黄泉・酸性泉で乳白色、メタケイ酸50mg以上で新湯です。

f:id:monomiyu3:20160813095000j:plain

白樺荘のすぐ隣にある噴火あと。

硫黄の匂いがすごいです。

f:id:monomiyu3:20160813095128j:plain

外見は古いのですが、中は清潔です。

f:id:monomiyu3:20160813095553j:plain

f:id:monomiyu3:20160813095643j:plain脱衣所は狭いのですが、雰囲気があります。

温泉は硫黄の匂いがプンプン。

入るなりうわっ〜〜〜これぞ温泉という感じでした。

有名な泥パック。源泉の底からとった泥をパックにして肌をすべすべにします。

悪い部分に塗ると、その部分がよくなるそうです。

狭い温泉で洗い場のカランもあまりないので、たくさん人が入ると大変だろうなと思うのですが、いっぱい、いっぱい、次々と入ってくるのです。なにしろ人気だから。

でもその分、活気があって、入っているだけで本当に心も元気になる楽しい温泉でした。

日帰りでは露天は男性だけだったの、夫が写真を撮ってきてくれました。

f:id:monomiyu3:20160813100520j:plain

f:id:monomiyu3:20160813100554j:plain

あがってから1日たっても硫黄の香りというか匂いがついているくらい強烈な温泉でしたが、体全体があたたまり、すべすべになり、本当に癒される楽しい温泉でした?