読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

monomiyu3の日記

旅に出て名所めぐりをして、その土地のお酒や食べ物を頂き、温泉につかり、と「物見遊山」の日記です! 備忘録として書きますので随分昔の思い出旅行もあります。

さらにサラゴサの町を歩きます♪

f:id:monomiyu3:20150914125003j:plain

 

カテドラルをちょっと下から撮ってみました。

この大聖堂は外壁が奇麗です。

f:id:monomiyu3:20150914125240j:plain

 

f:id:monomiyu3:20150914125331j:plain

 

次に訪れたのは聖母ピラール教会(聖堂)。

=====================

ヌエストラ・セニョーラ・デル・ピラール聖堂Basílica de Nuestra Señora del Pilar de Zaragoza)は、スペインサラゴサカトリック教会聖堂。『柱上の聖母[1]こと聖母マリアに献堂されている。ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世によって『スペイン系の人々の母』と讃えられた。 [2] この聖堂は史上初めてマリアに捧げられた教会とみなされている。[3]

地元の言い伝えによれば、この聖堂の歴史は、12使徒の一人でスペインにキリスト教をもたらしたヤコブの前にマリアが姿を現したという逸話に始まる。[4] これは聖母の被昇天以前にマリアが出現した唯一の例として知られる。[2]

多くのスペイン王や他国の支配者と聖人たちがこの『柱上のマリア』に奉献した。聖ヨハネ、聖テレサイグナチオ・ロヨラ福者ギヨーム・シャミナードらが顕著な人物である。[5] ピラールはサラゴサ市内にある2つの小バシリカのうちの1つである。近隣にはサルバドール・デ・サラゴサ聖堂がある。ピラールはバロック様式で、現在の建物は1681年から1872年の間に建てられた。

(Wikipediaより)

=====================

f:id:monomiyu3:20150915105154j:plain

教会の前で説明を聞く私たちのグループです♪

教会は撮影している方もいらっしゃいましたが、私はひたすら中で感動していたので、写真はあまりありませんが、素敵な教会でした!!!

 

さて、教会から出て町の様子を紹介します。

f:id:monomiyu3:20150915105540j:plain

 

広場には人工の滝があって、ガイドさんの説明では南アメリカの一部を表しているそうです。左端の狭いギザギザは海峡ということで、マゼラン海峡なのでしょうか?

ガイドさんの説明がよくわからなくてすみません。。。

 

f:id:monomiyu3:20150915110302j:plain

 

この石の積み上げた一角は何かの名残なのでしょうか?

ローマ時代の壁なのか?

Roman wallsと言われているようですが。