読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

monomiyu3の日記

旅に出て名所めぐりをして、その土地のお酒や食べ物を頂き、温泉につかり、と「物見遊山」の日記です! 備忘録として書きますので随分昔の思い出旅行もあります。

バルセロナへ

成田からチューリッヒまで13時間の飛行予定。

前日は成田のホテルに泊まり、朝一番のバスで空港に向いました。

今回はスイス航空に乗る事に決めたのですが、

最初の搭乗手続きで、「本日は込み合っていまして、申し訳ありませんが、

4人がけの真ん中のお席を用意しました」と言われてガック。

なにしろ、13時間。辛いな。。。予約いれてあったはずだが。行き違いがあったのかなぁ???

とくに私は緊張するとトイレが近くなるので、不安。

でも仕方がないので、諦めて、出発までの時間をラウンジに。

スターウォーズとコラボしているのか受付入り口にゲーム機や戦闘機のかっこいい模型がありました。

f:id:monomiyu3:20150831141042j:plain

 

f:id:monomiyu3:20150831153720j:plain

 

そうこうするうちに出発時間。

機内持ち込みの手荷物をもって、席に座り、シートベルトを締めると「これからの長い旅」に緊張が走ります。

お隣は可愛い高校生のお嬢さん。

良かった。

長い道中、話が弾む方が楽しい。

さて、スイス航空は機内食はかなり美味しくて、サービスも良かったです。

途中、飛行機が大きく揺れて、気持ち悪いときもあったのですが、

安定飛行に入ると、揺れも無く気持ちもよくなりました。

昼間の飛行なので、なかなか眠る事ができなくて、結局、映画をみたり、ボッ===としたりして、全然眠れませんでした。

映画は夫が先に観ていてお薦めの「さいはてにて」を観ました。

さいはてにて~やさしい香りと待ちながら~http://img.cinematoday.jp/res/T0/01/83/v1418801213/T0018370.jpg

永作博美主演のとても優しい映画。

ホンワカな気分になれました。

永作の淡々とした雰囲気が映画を押さえたものに仕上げていて、落ち着いてみる事ができます。人を愛するとか、思うとか、ましてや失ったものを探しに「待つ」ということを静かに語りかけてくるハートフルな映画。

飛行機の中って普段、みることのない映画を見る事ができてすっごく得した気分になるのですが、今回も素敵な映画に出会えて良かった!!!

 

そして、

そして、

そして、

ようやくチューリッヒに到着。

私は真ん中の席だったので、到着瞬間の映像はビデオで観ていたのですが、

ドドドドド=と音を立てて、衝撃ととともに緊張の瞬間はいつもハラハラ。

あああ、、、無事着いた。

よくもまぁ、長い時間を。お尻が痛いよぉおお。

それでも外に出ると今まで閉じ込められていた心も身体もパッと開放され、

本当に明るい顔になります。

同じ飛行機に乗ったちょっとだけの戦友という感じがして、どの人にも微笑みが出て来ます。

 それから、ボッ〜〜とした頭で入国手続きをして、

その次のバルセロナ行きの飛行機のためにもう一度手荷物検査。

夫はカバンにウィスキーを持っていたのですが、ほんのちょっと残っていたから、これくらい大丈夫かと思ったが、豈図らんや、しっかり検査にひっかかりました。

ちょっと来いと言われてあちらに行った夫。

しばらくして、お酒の臭いプンプンで戻ってきました。

余計と判断されて分量のウィスキーを一気に飲まされてそうです。

「この辺が焼けている」と夫は胸に手を置くのですが、

隣の私は酒臭い事、さけくさいこと。。。

次のバルセロナ便まで2時間をラウンジで過ごしました。

ラウンジでビールを飲んで、飛行機に乗りました。

私はグレーードアップしていて、ビジネスクラスに坐る事ができました。

やった!!!

でもお腹がいっぱいで、あんまり食べる事はできなくて、残したのですが、今から思えば勿体ない。

1時間20分の飛行。

バルセロナに着いたのは夜8時。

それからホテルのバスに乗って着いたのが8時半。

ようやく、

ようやく到着です。

なんと24時間、起きていた私。

ふっ〜〜〜

眠いよ。

長い一日が終わりました。

明日はサラゴサに向けて出発!!!