読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

monomiyu3の日記

旅に出て名所めぐりをして、その土地のお酒や食べ物を頂き、温泉につかり、と「物見遊山」の日記です! 備忘録として書きますので随分昔の思い出旅行もあります。

北軽井沢を後に

さて、いよいよ北軽井沢別荘の旅は終わりを迎えます。

親戚にお借りしたリゾートマンション。

最初にあったように奇麗に掃除をしてお返ししなければなりません。

さぁ、大変。

うわっ〜〜〜

家族みんなでまず自分の荷物をチェック。

片付ける物は片付け、まだ必要な物は置いといて、

掃除にかかります。

和室、リビング、台所、洗面、トイレ。

最初の日に初期状態の写真を撮っていたので、みんなでワイワイ、写真とあわせてお掃除。

「これはここだね」

「お布団の重なっていた順番は」

「ティッシュはどこに」

などなど。

などなど。

パズルを解くように楽しみながらの掃除でした。

1時間ちかくアレコレして最後にゴミをすて、

もう一度、温泉に入り、サッパリして、さぁ帰るぞ!!!

「ありがとうございました」

と、お部屋にお別れをして車に乗ったのは6時3分前。

 

車に乗り込むとアッと言う間の夏休みが偲ばれます。

家族みんなでワイワイガヤガヤ。

息子の自転車道中の話に花が咲きます。

「路側帯が無い道が怖かった」とか「自動車にも個性があって、自転車をよけるためにすっごく右に膨らませる車とか。おいおいそこまで右に寄らなくても。そうかと思えば自転車なんか気にせずバンバン飛ばす車とか」

そんな道中の話を聞いたり、リゾートマンションの話題になったり。

「温泉つきのマンション、いいね。いくらくらいかな?」

「いや、、、管理が大変だよ」

那須あたりに出物があるといいな」

なんてお気楽にめいめいで好きなことを喋っていました。

時間は7時。

「そろそろ夕飯を考えよう」と言う夫の提案でみんなで外のお店を見ながら走ります。

「ラーメンはもういいよね」「イタリアンも今は気分じゃないね」とか言いながらトンカツにしようと決定。

しっかし探してもさがしてもありません。

ある時はすぐに見つかるのですが、無いときは無いですね。マーフィの法則かぁ。

でも大丈夫。

こうした時にお役立ちがスマホ

息子が探してくれて「高崎駅の近くに2つある」と情報を入手。

スワッ、いざ高崎駅

と、駅方面にカーナビを合わせて走ります。

が、

夕暮れが深くなるとともに辺りも暗くなるのです。

町中に向かっている筈なのに。見れば所々お店がシャッターで閉めています。

あらら、シャッター街

駅方面は繁華街ではないのか?

なぁんて思って走っていたら、いよいよ駅に出ました。

全体の印象は「くらい」

お盆だから人がいないのか?

車のことを考えてデパートのレストランにあるお店にしようと決め、町中の駐車場に入りました。

おっとと、屋根に自転車を積んでいたことに夫が気がついて、ゆっくり、と中に入りました。グッジョブ!

それから慌ててデパートの中に。エレベータで6階のレストラン街に向かったのですが、なぜか電気が消えています。

そしてお店の前の看板には「本日閉店」。

気がつけばアナウンスと蛍の光のような「さよなら音楽」が鳴っています。

「本日のご来店、まことにありがとうございました。ただいまを持ちまして閉店と致します。」

店員のみなさんが私たちにお辞儀。

あらぁ〜〜〜

残念。無念。

まだ7時半だよ。。。早すぎないか???

しっかし、そんなことを言って愚痴っても仕方がないので外に出て周りを見渡しましたが暗い。お店は開いていません。

「じゃ、途中でどこか探そう」と言う事で再びお店探しをしながらも道中。

車にはガソリンを入れて満タン。羨ましいな、車。

と、あるたこ焼き屋さんの看板をみつけて、

「あこにしよう、あこなら焼きそばくらいあるよね」と言ってたこ焼き屋さんの駐車場に車を止めました。出ようとした途端、お店から店員さんが飛んで来て「すみません、クロワッサンしかありません」と頭を下げます。

ガッカリ。

あああああああ、、、、、また夕飯が逃げたぁ。

もうなんでもいいから次のお店にしようと決意。

高速を目前にして、見つけたのが山田うどん

やった!!!

ここだ、山田うどんでキマリ。

私たちは迷う事無く山田うどんへと入りました。

店内はもう遅いのか空いていました。

ようやくありつけた夕飯。

夫は定食。

私は力うどん。

f:id:monomiyu3:20150817134359j:plain

f:id:monomiyu3:20150817134456j:plain

 

私と子どもはかなり美味しく食べました。

「値段のわりに美味しいよね」

しかし、夫はちょっとすっぱかったらしく顔をしかめていました。

が、それでもお腹は満たされ、後はひたすら家に向かってゴー。

高速に乗り、

またまたワイワイガヤガヤ。

時々運転している夫以外はスースー。

途中、トイレ休憩で壬生ハイウェイオアシスに止める事にしました。

高速の本線から脇の線に入りサービスエリアに入り、駐車しようとしてビックリ。

ビックリ!

なんと駐車場の半分以上をバイクが占めているのです。

おっとと、なんだこれは。

眠気も吹っ飛びました。

どうやらオフ会か、あるいは集会。

派手な飾りをつけたバイクが100台以上止まっています。

すっごい。

こんなのはじめて。

ビックリしていたら、しばらくしておまわりさんが来ました。

なんだかんだと言っているうちにバイクに乗ったニィチャン達が、パッパパ、パッツ、ドンドン、ヒャとあっちからもこっちからも音をたてて、

高速本線に向い、走り出しました。

集会は終わり、解散。

それにしても、100台以上のバイクがガンガンと音を出して走り去る様は壮観でもありました。

いや、珍しい物をみたね。

と、家族でまたまた車の中での話題。

家に帰って調べたら「旧車會」という名のグループで「古いバイクに手を加えて乗る事を目的にしているグループ」らしいです。全国組織とかで、結構年配の方も昔を懐かしみながら時々乗っているとか、ネット上には情報が載っていました。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A7%E8%BB%8A%E6%9C%83

旧車會 - Wikipedia

 

なかなか見る事の出来ない経験。

いやぁ、、、これで流石に終わりか。

北軽井沢を出て4時間近く。

いろんなことがあり過ぎ。

長い一日。

と、思いきや、高速を降りてすぐのこと。

前を走っている車がアレヨアレヨと言う間に反対車線に入って行きます。

いわゆる逆行しているのです。

間違えたのでしょう。

慌ててすみにとまってランプをつけていましたが、

どうなったかな?

これまた、みんなで、あのよう時はどうする、こうすると花が咲きました♫

いずれにしても、家まで慎重に、慎重に運転しようと、みんなで言いながら、

ゆっくり運転。

そして、

11時過ぎ。

無事、我が家に到着。

お疲れさまでした。

すっごく、すっごく長くて盛りだくさんの話題に湧いた夏休みは、こうして終わりました。

北軽井沢の旅、本当に楽しかったです。

快く貸て下さったおばちゃん、ありがとうございました。

また日常に戻りますが、この3日間の楽しい思い出を反芻したら、

笑いが止まらないような日々を送れそうです。

有難う♪